パロキセチンとは

パロキセチンは抗うつ剤の中でも有名なパキシルの後発医薬品として登場しました。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。脳内セロトニンの再取り込みをブロックすることで、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度が高まり、それによる神経伝達能力を高める事でウツ作用や不安作用を緩和させる効果が期待されます。

 

パロキセチンの効果

効果が期待できる症状としては、ウツ、強迫性障害、パニック障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害、全般性不安障害、月経前不快気分障害、血管運動症状(更年期障害の症状)などがあげられます。抗不安効果が高いと言われています。1日1回の内服で十分な効果を得られ効果が高い為、精神科、心療内科などではパキシルとパロキセチンを合わせると処方数の最も多い薬とされています。早ければ2週間、多くの症例は6週間後には効果が出るとデータにありますが4か月以上を要した例もあり、容量を増やすなどで対処されます。

 

パロキセチンの副作用

 

効果が高い為、パロキセチンはSSRIの中では副作用が出やすいと言われます。特に性機能障害が統計的に多く報告されています。また飲み始めた初期に吐き気や胃の不快感やお腹の張り、下痢や便秘などの症状が出ることがあります。この副作用は多くの対応策があるので医師に相談して下さい。

 

パロキセチンはその効果の高さから「アクチベーションシンドローム」を起こす事もあります。アクチベーションシンドロームとは抗ウツ剤によって意欲や気分が改善するのではなく、イライラや不安、焦燥感、パニック、攻撃性、衝動性、不眠、躁状態などの不快な症状が引き起こされる事です。

 

また眠気、太るという副作用や薬を止めるときに離脱症状が出やすいなどの副作用も報告されています。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク