不眠症の妊婦さんには最低限の薬と周囲のサポートが必要とされる。
不眠症の妊婦さんに関しての臨床心理学生の意見と筆者の考えをまとめてみた。
注意して育てなければ不眠が悪化してしまうし、周りの理解も必要なのである。

 

 

・臨床心理学生に聞いてみた

 

この難しいテーマについて筆者なりに考えてみたところ、答えが出ない。
なので知人のカウンセラーを目指す心理学専攻の学生に尋ねてみた。
下記はその学生の持論である。

 

 

「本来、不眠というものは、眠れない根本の背景があるはずである。
妊婦にとって、ほぼ胎児に影響のない薬などない。
対処療法としての薬はとことんまで減らさなければならない。
家族や旦那さんの理解も必要となる。
そしてカウンセリングを受けることで不眠の根本原因を解決すべきである。
医者のさじ加減とカウンセリングの両方が必要となってくる。」(取意)

 

 

・不眠の根本原因は人それぞれ

 

はたして根本原因とは何なのか、個々の不眠の背景を医者とカウンセラーを通してきちんと見つめてみることが大切だ。
簡単な話だと筆者の母親は伴侶のイビキが原因で眠れなかったと言う。
そもそも心に深い闇があって眠れない場合もある。
精神の病気なら多岐に渡った症状や病名がある。
やはり普遍的に明確な答えは出ないのだろうという筆者の答えが出ないという考えは、当たらずとも遠からずというところであろう。

 

 

・不眠症だからといって妊娠してはならないということなどない

 

なるべく胎児に影響のない薬を使い、家族や伴侶の配慮を必要とする妊娠である。
不眠症だからといって子供を産むな、産めないの問題ではない。
なぜなら人間というものは、子孫繁栄のための機能を生まれ持っている。
不眠症でも子供を産みたいと思うのは当然のことであり、また伴侶側も育てたいという気持ちがあるのは当然のことだ。

 

むしろ不妊症によって子供が出来ない人たちに比べたら、妊娠したことを喜ぶべきことなのだ。
不安に思うことなどない。
子供が親を育ててくれるという先人たちの経験もある。

 

 

・まとめ

 

不眠症の妊婦さんには眠れない根本原因を見つめていくと共に、医者やカウンセラー、家族や伴侶の理解やサポートが必要である。
薬は極力減らさなければならない。
苦しいことも多いだろう。
それでも不眠症だからといって、妊娠してはいけない、子供を産み育ててはいけないことなどどこにもない。
不眠症の妊婦さんには、不眠症だということを特別視することなく、体調の変異に注意して元気な赤ちゃんを産んでもらいたいものだ。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク