眠りをよくする薬記事一覧

睡眠改善薬と言われるドリエルと抗アレルギー剤のレスタミンコーワ。全く薬効の違う2つの薬の成分が同じであるということは知っているだろうか。そして、ドリエルよりもレスタミンコーワの方がかなり安い。そういうことなら・・・ということで、実際にレスタミンコーワがどんなものか服用して試してみた。ついでにドリエルの睡眠アプリも一緒に、遊んでみよう。服用量と成分量を確認まずは添付文書の説明書きから、服用量を割り出...

セロトニンとは何なのか、セロトニンを増やす薬にはどのようなものがあるか。特に注意すべき副作用について解説しています。これからこの薬を使う人、減薬する人は知っておくべき内容です。セロトニンとは脳内の気分変動に関わる神経伝達物質のこと。別名をヒドロキシトリプタミンと称される。動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種とのこと。ノルアドレナリンとドーパミンと並んで脳内や体内で重要な働きを...

トリプトファンを含む必須アミノ酸はサプリメントからも摂ることができるが、食品から多く摂ることもできる。トリプトファンはうつ病やその他の病気に効果があるとされる。サプリメントの依存症も、食品の依存症も、安全性において大差はないだろう。摂り過ぎがダメなのはなんでも同じトリプトファンとは、人間が生きていくために必要なアミノ酸、必須アミノ酸の中の成分である。そういえばスポーツを激しくしていた頃、意味も分か...

一般的に眠りが浅いとき、あなたならどうする?サプリ、市販の睡眠改善薬、病院で処方される睡眠薬。大きく分ければこの3つが挙げられるが、ここでは主に睡眠改善薬と睡眠薬の違いについても説明しよう。昔あった睡眠薬での自殺にも少し触れてみる。睡眠改善薬はなぜ効果がない?一方、いわゆる睡眠改善薬というもの。これは昨今のCMで話題であるし、自身も試してみたことがある。個人的な使用感としては、全く効かない。なぜな...

漢方薬って体には優しそうだけど、はたして本当にそうなのか。良いところも悪いところも含めて検証してみた。すると眠れないことにダイレクトに効くわけではないということが分かった。副作用もあるなんて知らなかったけれど、利点もけっこう多い。漢方ってなんだ?はるか昔にオランダから伝わった医学を蘭学と呼んだ。今の西洋医学というものだ。一方で別の時期に中国から伝わって、日本で変化をとげていった医学を、漢方医学とい...

・パキシルの効果パキシルを服用することによりSSRIと呼ばれるセロトニンを増やすことが出来ます。その結果うつ状態、倦怠感、不安などの症状を改善する効果が期待できる医薬品です。ちなみにセロトニンとは精神安定作用がある神経伝達物質なので、セロトニンの濃度を高めることにより沈んだ気持ちを上げることが出来ます。だから主にうつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、心的外傷後ストレス障害などの治療に処方...

・エスシタロプラムの特徴エスシタロプラムは2011年から発売されている抗うつ剤で、SSRIタイプの抗うつ剤と言えます。現時点では最も新しいSSRIで、SSRIは選択的セロトニン再取込阻害薬をの頭文字と言えます、効果と安全性のバランスがいいのが特徴で副作用が少ないのが魅力と言えます。・エスシタロプラムの効果SSRIの中でも特にセロトニンを集中的に増やす働きに優れた薬ということが出来ます。その為セロト...

(フルボキサミンの服用目的や効果について)フルボキサミンは、ルボックス/デプロメールのジェネリック医薬品です。フルボキサミンは、うつ状態やうつ病、強迫性障害、社会不安障害などに適応しています。働きについては、脳内の神経伝達物質セロトニンを増加する働きによって、抗うつ効果に期待ができます。(フルボキサミンの効き方と服用量)フルボキサミンは、服用してから9時間程度で濃度が半分以上に低下する為、1日2回...

1.ジェイゾロフトの効果ジェイゾロフトは、セロトニンを増やすことで抗うつ効果を発揮するSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)の一つです。抗うつ剤の中でも、気分安定や抗不安などに対する効果は弱い方です。効果がやや弱いことに加え、即効性はないですが、じっくりと効果があらわれてくると言われています。効果としては、気分が落ち込むのを防ぎ、不安や心配の解消に役立ち、前向きな気持ちにしてくれることが期待でき...

1.レクサプロの効果レクサプロは、気分が落ち込んで情緒不安定な方や、睡眠障害がある方などうつ的症状がある方には気分を安定させてくれます。また、不安や心配がつきない不安障害がある方には、心の平穏を与えてくれることが期待できる抗うつ剤です。2.レクサプロの特徴レクサプロはSSRIの中でも新しい抗うつ剤ということもあり、他の薬と比べて効果は強めですが副作用が少ないので、バランスがいい薬です。また、薬の作...

1.デプロメールの効果デプロメールは、気分が落ち込んでネガティブな気持ちになったり、睡眠がうまく取れないときなど、うつ的な症状を解消するために用いられる抗うつ剤です。また、強迫性障害やあがり症を含めた社会不安障害、また過食症など摂食障害などにも効果がある薬です。2.デプロメールの特徴デプロメールはSSRIの一つなので、セロトニンを増やす効果があり気分を安定させます。デプロメールは抗うつ作用よりも、...

パロキセチンとはパロキセチンは抗うつ剤の中でも有名なパキシルの後発医薬品として登場しました。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。脳内セロトニンの再取り込みをブロックすることで、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度が高まり、それによる神経伝達能力を高める事でウツ作用や不安作用を緩和させる効果が期待されます。パロキセチンの効果効果が期待できる症状としては、ウツ、強迫性障害、パニック...

セルトラリンの効能・効果うつ病、うつ状態、パニック障害、PTSDに効きます。パキシルやトレドミンと比較して、適応の症状がいっぱいあるので医者も使いやすく、よく処方される薬です。容量は100rまでです。比較的、マイルドな作用なので、副作用が出にくく精神科領域ではメジャーな薬です。セルトラリンの副作用悪心、嘔吐、眠気、口の渇き、頭痛、下痢、目眩などです。重大な副作用としては、セロトニン症候群、悪性症候...

1.ソラナックスの効果ソラナックスは、不安をやわらげ気持ちを落ち着かせる効果があります。ジェネリック薬もあり、コンスタンやアルプラゾラムという別名があります。服用すると、15分?20分ほどで気分が落ち着いてきて不安発作がおさまります。人によってはやる気を起こしたり単純作業を無心でできるようになったりすることもあるようです。また、催眠作用があるので軽い不眠症の方に睡眠導入剤として処方されることもあり...

ルボックスはどのような効果があるのでしょう?ルボックスはうつ病、強迫性障害、社会不安障害に効果があります。今は新しい抗うつ剤が増えたため、抗うつ剤として使われる事は少なくなってきましたが、強迫性障害に一番の効果があるとされています。ルボックスの副作用は何でしょう?他の抗うつ剤と同じように眠気、吐き気、口の渇き、便秘があるとされています。副作用は人それぞれ違いますが、食事を見直す、飴を舐めるなど工夫...