睡眠の悩み

睡眠の悩みを告白

睡眠の悩みと解決策記事一覧

もともと夜更かしが大好きで、十代後半から朝まで起きていることも多かったのですが困るのが、学校が始まったり、仕事が始まったりして朝早く起きなければいけない時です。長期休暇に入ったりすると数日間は朝起きて、夜寝る生活なのですが本や映画などに夢中になってしまうとそのサイクルは一気に崩れてしまいます。とくにゲームに夢中になってしまった時はひどかったと思います。朝6時まで起きて昼まで寝て目が覚める…ならまだ...

普段、翌日に何もない日などはすっと眠りにつけて、すっきり起きられるのに翌日に試験や面接があったりするとまったく眠れなくなってしまいます。特に酷かったのが高校の入試の前日でした。翌日は入試なので、勉強もそこそこに早くからお布団に入ったのですが。1時間近く経ってもなかなか眠ることが出来ませんでした。嫌でも眠ろうと目をつぶるのですが寝苦しくて布団の上をゴロゴロしているうちに結局朝を迎えてしまいました。お...

死別、離別、はたまた仕事のストレス。先の震災のストレス。人は気付いていたり、気付かなかったりするうちに心の中に大小さまざまな不安や悩みごとを抱えている。そんな原因の数々と幾ばくかの対処法を、実際に見たもの聞いたものからも挙げてみよう。気付かない仕事のプレッシャーは、知らず知らずのうちに身体をむしばんでいる。会議で新しい案を出さなければいけない、昇進に関わる重大なことがある、営業などにおける日々のノ...

人は歳をとるとなぜか、寝つきが悪かったり、深夜に何度もトイレに起きてしまったり、明け方に目を覚まして活動しはじめたりする。はたしてこれらは、睡眠障害なのか、老化の一部であるのか、きちんと見極めてから治療にのぞむなり、そのまま様子を見るなりしたい。筆者の祖父は戦前生まれである。小さい頃からよく行動をともにしていたが、あるとき気づいたことがあった。そもそもおじいちゃんは、夕方にお酒を飲んで寝て、明け方...

とにかく寝つきたい!そんな悩みを持つ人におすすめしたいことを5つだけ、集めてみた。最新の研究から独自の方法まで、効果がありそうな5選を選別した。意外なものが寝つきに役立つようだ。1・ひたすら起きてやる!人は、起きているぞ!と思ったときに限って、脳が疲労した状態になり、眠くなってしまう。試験の前日の一夜漬けを思い浮かべてみよう。わりとすぐにどうでもよくなってしまって、ベッドや布団に横になって寝てしま...

これは効果的だ、と思った眠気覚ましを5つ挙げてみる。どんな人にも最適とは限らないが、多くの人に効果の出るものを考えた。これで大切な会議中やプレゼンテーション、授業中や試験にもバッチリだ。ちょっと意外な歩きスマホの効果も?!1・顔を洗うできれば冷水が望ましいだろう。冷え性の人はぬるま湯が良い。朝いちばんに顔を洗うと目覚めが格段に良くなる。女性であれば、メイクをするから仕事の最中や授業の合間に顔を洗う...

「いびきかいてたよ」と他人から教えられたことはないだろうか。多くの人がいびきをかいて眠っている。江戸の句をそえて、その対策について考えてみた。単純な改善策から、最新の検査も試してみる。「籾臼の 音聞きながら 我いびき 如風」聞きなれない句だが、松尾芭蕉と親交のあった江戸時代前期に活躍した、寺の住職であり俳人の如風の詠んだものである。なるほど江戸時代から民衆はいびきをかいていたのか。しかも我いびき...

昔の人は「早起きは三文の得」と言った。これは現代においてもとてもお得がいっぱいだ、ということに気づかされた。以下の10選を星でランキング付けしたい。中には実現不可能なものもあるが、効果の高いものを挙げる。1、加熱タオル知人に寝起きにすっきりする方法は?と聞いてみたら、なんとタオルに熱湯をかけて素手でしぼっていたという。ヤケドするわ!と思わず突っ込んでしまった。本人も、さすがにそれはまずいと試行錯誤...

ぜんそくの中に隠れた睡眠時無呼吸症候群についてかつもくしてほしい。睡眠時無呼吸症候群とは何か、ナルコレプシーとの違いにはどんなものがあるのか。ここには私たちが理解しきれていない重大な真実が隠されていた。ウィスコンシン州の研究グループの調査によると、成人ぜんそく患者の睡眠時に無呼吸があらわれる現象を、健康な人の1.39倍との研究結果が発表されている。原著論文はこちらhttp://pmc.carene...

夜にベッドに入り、目を閉じてもなかなか眠ることができない、1時間が経過しても眠れないなどの症状が見られたら、それは入眠障害かもしれません。入眠障害とは、不眠症の一つで、1日にだけ、そのような症状が現れても問題はありませんが、毎日、2週間以上続いているなら、大変です。40代の入眠障害の症状とはどういったものなのでしょうか。原因と対策を調べてみました。○レム睡眠とノンレム睡眠のリズムゆっくりと寝たはず...

最近では、さまざまな理由による睡眠障害に悩んでいる人が増えています。特に夜中に何度も目が覚めるのは中途覚醒と呼ばれる症状です。特にこの症状は中高年以上に多く、一度目が覚めるとなかなか再び眠りにつけないなどの症状も伴います。そして特にこのような症状が増えるのは50代以降とも言われていますので、今回はその理由と対策法についてお話します。加齢に夜睡眠リズムの乱れ特に40代後半から50代に入るころになると...

最近では、多くの方が睡眠障害に悩んでいます。特に40代に入ると深い眠りを取りにくくなり、50代に入ると自覚症状が現れます。さらに60代入るととても多くの方が睡眠に関する悩みを抱えています。中でも特に多いのが、早朝覚醒です。早朝覚醒は、予定していたよりも2時間以上早く目が覚めてしまい、再度睡眠に入ることが難しい症状です。60代で早朝覚醒が増える理由は睡眠サイクルの乱れそして60代で早朝覚醒が増えるの...

・朝型生活のメリットを考える朝型生活にはメリットがたくさんあります、そのメリットを自身が意識することで改善するための意識づくりをします。例えば朝日を浴びることはメラトニンが生成され不眠症や睡眠以外にも体質改善効果があります、他にも起床後のほうが就寝前よりも脳がリフレッシュされていますので、寝る前にした作業を朝に見返して愕然とするといった事もなくなるでしょう。また、趣味に関しても眠たい状態でやるより...

寝つきが悪い、ぐっすり眠れないなどのお悩みを持つ人にとって、睡眠薬というのは手放せない薬です。しかし睡眠薬を服用し続けて本当に体は大丈夫なのか?と心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。睡眠薬を続けるべきか止めるべきか?その答えと理由についてお答えします。・睡眠薬は長く続けるのはやめるべき!結論から言いますと、睡眠薬を使うのは構いませんが、長く使い続けるのはやめるべきです。その理由は睡眠薬...

皆さんは眠りにつく時「いい夢見れますように」「昨日の面白い夢の続きが見たいな」「あの子の夢が見れますように」などと考えながら寝たことがありませんか?誰もが良い夢を見れたらいいと思っていて、悲しい夢が見たいと思う人は滅多にいないと思いますし、その不安が強く「悪い夢見ませんように」と考え眠りにつくと案の定悪い夢を見てしまった、なんてことも経験した方は多くいるはずです。そんな悪夢をよく見てしまう方、寝る...

家事、育児で平日も休日もなく、朝から起きているのに旦那がいつまでも起きなくてイライラする!夫は過眠症かロングスリーパーなのか?ムカつく妻たちに起こす方法を10人に聞いてみた。ペットに頼む朝早くから仕事があるのに、起きられない旦那。昨夜も深酒をして帰ってきました。娘や私はあきれてますが、起こさなくてはなりません。声をかけても全く反応なし、あともうちょっとと言って起きません。起こさなければすごく文句を...

不眠症の妊婦さんには最低限の薬と周囲のサポートが必要とされる。不眠症の妊婦さんに関しての臨床心理学生の意見と筆者の考えをまとめてみた。注意して育てなければ不眠が悪化してしまうし、周りの理解も必要なのである。・臨床心理学生に聞いてみたこの難しいテーマについて筆者なりに考えてみたところ、答えが出ない。なので知人のカウンセラーを目指す心理学専攻の学生に尋ねてみた。下記はその学生の持論である。「本来、不眠...

子供の不眠症に関する原因と対策について考えてみた。一般的に考えられることと、驚きの事実がそこにあった。以下、原因と対策についてまとめる。原因・ゲームのやりすぎ遅くまでゲームをやっている子供はいないだろうか。大人でも同じ現象があるように、楽しいことは人を眠りに就きづらくする。遠足の前日の子供も純粋ながらそれと同じことが言える。ゲームをしている子供は手がかからなくて楽だと思っている親は要注意だ。・スマ...

セロトニンを増やす運動セロトニンを増やす運動として最もおすすめなのはズバリ「ウォーキング」。そしてウォーキングをする時間として最もおすすめなのは朝です。これは、セロトニンは太陽の光もしくは同等以上の強い光を浴びることで分泌量が増えることによります。なので、朝に太陽の光を浴びながらウォーキングをすることで、脳が覚醒し、かつ体内時計が調整されて生活リズムが整うことにもつながるというわけなのですね。セロ...

クワンソウ副作用と毒性クワンソウの睡眠導入効果はオキシピナタニンという成分による働きということが出来ます。そしてこのオキシピナタニンという成分は海外の薬用植物、クワンソウに含まれる特殊なアミノ酸と言えます。この成分の安全性は試験により実証されていて、さらに自然な眠りを誘発する働きも認められています。不眠治療に使用されいるベンゾジアゼピン系の薬剤と比較し副作用、毒性が非常に低い成分と言うことが出来ま...