・朝型生活のメリットを考える

 

朝型生活にはメリットがたくさんあります、そのメリットを自身が意識することで改善するための意識づくりをします。

 

例えば朝日を浴びることはメラトニンが生成され不眠症や睡眠以外にも体質改善効果があります、他にも起床後のほうが就寝前よりも脳がリフレッシュされていますので、寝る前にした作業を朝に見返して愕然とするといった事もなくなるでしょう。

 

また、趣味に関しても眠たい状態でやるよりもすっきりした頭でやるほうがより楽しめます。

 

 

 

 

 

・連続して夜は外出しない

 

友人や飲み会などで遅くなって帰ってきて寝る時間がそのまま遅くなるということは良くあると思います。

 

しかしこれは夜型生活になるときのよくあるパターンの一つですのでできるだけ避けなければいけません、もし断れない場合でも連続して夜の外出は控えましょう。

 

例えば昨日夜外出していて今日も外出の予定が入りそうな場合は明日に回すようにするなどです。

 

 

 

 

 

・30分ずつ寝る時間を早める

 

3時に寝ている人は2時半に、4時に寝ている人は3時半にというように徐々に早めていくことで朝型生活に変えていきます。

 

この方法は難しいと考える方もいるかもしれませんが夜型生活の場合、眠さが限界になって寝てしまうというパターンがよくあります。

 

 

 

しかし、その場合に眠たいと感じる時間は実際に寝る時間よりも大分前にあることが多いのです。

 

そのため、その眠たいと最初に感じた時点で寝るようにすれば徐々に変えていくことも可能なのです。

 

 

 

変えるペースは1週間に30分が目安ですが難しければ15分と緩やかなペースで構いません。

 

 

 

 

 

・夜起きている理由を無くしてしまう

 

夜型生活の人が朝型生活に変えたい場合に変えられない理由の一つに夜型生活のメリットを失うという点があります。

 

それは例えば夜中に面白いテレビ番組がある、夜中のほうが集中して仕事、趣味に取り組めるなどでそれなりに夜中に起きていることにも理由があります。

 

 

 

ずるずると起きている人はこういった理由も多いのではないでしょうか。

 

これらの理由を朝型生活に変えても失わないための方法を考えることが主にメンタル面での話しですが解決の方法です。例えばテレビ番組であれば録画をして朝見ることで解決しますし、また、仕事や趣味に関しては自身が落ち着ける空間を部屋に作ることで朝型でも問題ありません。

 

 

 

このように朝型に変えても何も問題がないよう空間、環境づくりから始めて夜中に起きている理由をなくしていきましょう。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク