眠りが浅い女性

 

眠りが浅い原因は自律神経

・自律神経ってどんな神経?

 

自律神経とは、私たちの身体の動きの中でも呼吸や体温、内臓の機能など自分ではコントロールできないようなことをつかさどる神経です。そのため生きていく上で重要な役割を担う神経といっても過言ではありません。

 

・自律神経が乱れて眠りが浅くなる?

 

そんな自律神経は、交感神経と副交感神経があり、そのバランスをうまく保つことが良質な睡眠をとることにつながるのですね。もしもバランスがうまく取れないと、眠りが浅い、なかなか寝付けない、すぐに起きてしまうといった症状が出ることもあります。

 

・どうして自律神経が乱れるの?

 

自律神経は、ストレスや疲れなどで容易にバランスが崩れてしまいます。自分では知らず知らずのうちにストレスをためこんでしまい、バランスを崩してしまうことも。また更年期のころも自律神経のバランスが崩れやすい時です。それはホルモンの分泌するところと、自律神経の調節をする場所がとても近いからなんですね。

 

・まとめ

 

自律神経のバランスが崩れ、眠りが浅いという時には、生活を整えることに注意しましょう。そして無理をしない、ストレスをため込まないようにすると自律神経もだんだんと整いますし、眠りの浅いことも改善してくるはずです。

 

眠りが浅い原因になる枕

・眠りが浅い人は睡眠の質が悪いから?

 

眠りが浅いと思っている人は、もしかすると、眠りの質が悪いのかもしれません。眠りの質というのは、眠りの深さに関係します。眠りの質の良い人は、短い時間でもよく眠れたと感じますし、眠りの浅い人は、十分な睡眠時間をとってもまだ眠いという状態になるのです。そのため眠りが浅い人は、眠りの質が悪いと予測することができます。

 

 

・眠りの質を高めるために必要なこと、それが枕

 

眠りの質を高めるために必要なことの1つが、枕です。枕は市販のものやオーダーメイドのものがありますが、市販のものはなかなか体型に合わないということもあります。眠りの質が悪いと思っている人は、実は枕があっていない可能性があるため、体に合った枕を使うことにより、眠りが浅いということの改善策になるのです。

 

・何故枕が合わないと眠りが浅くなる?

 

人それぞれ首の湾曲の角度や眠った時の頭の位置などが違います。それは体型などが違うからですね。また同じ人でも体格が変われば、首や頭の位置に変化が起こることも!

 

また入眠中に良い位置を求めて何回も寝返りを打ちことがあるのですね。そのため結果的に眠りが浅いということにつながってしまうのです。

 

眠りが浅い時間帯

・眠りにはリズムがある

 

睡眠にはリズムがあり、ノンレム睡眠とレム睡眠が一定のリズムで繰り返されている…というのは多くの人が聞いたことがあると思います。そして個人差は多少あれど、このノンレム睡眠とレム睡眠はおよそ90分サイクルで繰り返されています。

 

ノンレム睡眠は「脳の眠り」とも呼ばれている深い眠りで夢はほとんど見ず、そしてレム睡眠は体は眠っているが脳が起きているので夢を見る状態です。

 

ですから、このレム睡眠中は眠りが浅い段階だと言うことができます。

 

 

 

・最も深い眠りは眠り始めの3時間

 

ただ、深い眠りであるノンレム睡眠にも眠りの深さのレベルがあり、実は4段階に分かれています。

 

そしてその最も深い4段階目の眠りが現れるのは眠り始めの3時間。そしてその後ノンレム睡眠は時間を追うごとに(サイクルごとに)浅くなっていきます。

 

ですので、例えば7時間寝たとしたら最初の3時間に比べるとその後の4時間は眠りが浅く、睡眠の最後のほうに行くにつれてどんどん浅くなっていくと言うことができますね。

 

 

 

・質の良い睡眠のために

 

これらのことから、逆に言えばただ単に睡眠時間を長くすれば良いのではなく、最初の3時間でしっかりと深い睡眠に入るということがより大事だと言えますね。

 

質の良い睡眠のためにおススメなのは、就寝の1時間半〜2時間前にぬるめのお湯で入浴するということです。

 

入浴で深部体温を上げておくと、その後体温が下がる際にスムーズに寝付くことができるようになりますよ。

 

生理前に眠りが浅い

生理前は、心身に様々な変化が出てきます。

 

睡眠もそのひとつ。生理前になると寝つきが悪くなったり、眠りにつけても夜中に何度も目覚めてしまい、すっきりとした朝を迎えられない女性も少なくありません。

 

そこで生理前に眠りが浅くなる原因や、その対策法についてまとめました。

 

 

・ホルモンが不眠を引き起こす

 

排卵を終えたあたりから、女性の体の中ではホルモンバランスが大きく変わってきます。それまで分泌量が多かったエストロゲンと、ほとんど分泌されていなかったプロゲステロンの分泌量が逆転するのです。

 

これは女性の体のリズムを整えるため、そして赤ちゃんを授かるために必要なことではありますが、それと同時に心身のバランスを崩しやすい状態になります。

 

エストロゲンは、心を穏やかに保ってくれるセロトニンと協力関係にあるため、エストロゲンが減少する生理前はセロトニンも減ってしまいます。また、セロトニンは睡眠ホルモンであるメラトニンとも連動しているので、メラトニンも分泌されにくくなり、それが不眠の原因となってしまうのです。

 

 

・日光のパワーでセロトニンを増やす

 

セロトニンは、日光の刺激を目から受けることで、活性化することが分かっています。生理前だけでなく、日頃から日光浴をする習慣を身につけておくと、メラトニンの分泌量も増え睡眠の質を向上させることができます。

 

 

・アロマを活用する

 

眠れない時は、ラベンダーやオレンジスイートなどのアロマもおすすめ。香りは脳にも働きかけてくれるので、神経の高ぶりも抑えられ心地よい眠りにつくことができます。

 

眠りが浅い人のいびき

眠りが浅くなる原因

 

眠りが浅くなる原因には様々ですが、主に、運動不足や不規則な生活、真っ暗な中でのスマホやパソコンなどがあげられます。

 

意外に思うかもしれませんが、飲酒もその原因に含まれます。

 

少量の飲酒であれば眠りの質を向上させるのですが、多量の飲酒は睡眠の質を下げてしまいます。

 

眠れないからお酒をたくさん飲んで眠ってしまおうというのは、これはいつまで経っても睡眠の質が上がりません。

 

 

 

飲酒後の睡眠について

 

お酒好きの方は大勢いますよね。

 

中には寝酒や深酒をしてしまう人もいるかと思います。

 

特に深酒なんかは睡眠の質を下げてしまいます。

 

深酒をすることによって、夜中にトイレに行く回数が増えるなど朝までグッスリというわけにはいかないからなのです。

 

 

 

飲酒後の睡眠でのいびき

 

いびきをかくかたに共通している点の中に、飲酒してから眠りにつくというのがあります。

 

なぜいびきをかいてしまうのかといいますと、飲酒することによって血管が広がり、気管を狭くさせてしまうのです。

 

少量のお酒ならばこうはならない場合が多いのですが、深酒をしてしまうといびきを悪化させてしまいます。

 

いびきで悩んでいる方で寝る前にたくさんお酒を飲んでいる方は一度、それをやめてみるのもいいかもしれません。

 

眠りが浅い基礎体温

(基礎体温と眠りが浅い関係性)

 

基礎体温は睡眠と関係性があり、体温が低いと眠りが浅い状態になりやすく、睡眠以外にも様々な影響を及ぼします。

 

通常睡眠に入る時、体温が落ちることでノンレム睡眠という深い眠りに入れますが、基礎体温が低いとそれ以上体温が落ちにくいため、ノンレム睡眠に入れなくなります。

 

 

 

(眠りが浅いと様々な影響が)

 

睡眠時に成長ホルモンの分泌が特に多くなりますが、ノンレム睡眠中が最も多い状態で、その状態になれないと成長ホルモンの分泌が正常に機能しなくなります。

 

成長期の場合だと、身長や骨、臓器、脳など色々な部分の成長に影響を与える可能性があり、成人の場合にも肌荒れや髪の弱り、太りやすい体質など、様々なリスクが高くなります。

 

 

 

(基礎体温が低くなる原因は?)

 

基礎体温が低くなる主な原因は運動不足で、身体動かさないことで筋肉の働きが低下して、代謝も上がらないため基礎体温が低くなります。

 

また、冷房も基礎体温を低くする原因になるので、眠りが浅いと感じている場合はなるべく冷やし過ぎないケアが大切です。

 

冷やすという点では、眠りが浅い人は冷え症の人が多いので、改善するためには身体の外と中両面からのケアが大切です。

 

運動不足解消は、毎日適度な運動でも十分代謝へのアプローチができるので、無理なくできるウォーキングがおすすめです。

 

50代になって眠りが浅い

・眠りが浅いことは、体のすべてに影響する

 

睡眠をしっかりとるということは、体の休息をとることが出来るということです。もしも眠りが浅いということが続けば、体の疲れが取れないということにつながり、慢性疲労を感じる人も少なくないのです。また眠りが浅いということが気になり始めたら、精神的にも神経質になることがあるはず。そのため、眠りの浅い原因を知り対処することが大切です。

 

 

 

・どうして50代になると眠りが浅くなるのか?

 

50代というとまさに更年期に差し掛かる年齢です。更年期と自律神経は大きな関連があり、自律神経のバランスを崩すことが多いのです。女性の更年期というのは、45〜55歳くらいまで続きます。そのためその間は睡眠が浅いという悩みに悩まされる人が少なくありません。

 

 

 

・50代は疲れている

 

50代というと、若い時に比べて体力が落ちたと年齢を感じる歳になります。誰もが年齢ともに疲れやすくなりますし、体も思うように動かないと思うことも。疲労感が増すと睡眠をしっかりとれるような気もしますが、実は疲れすぎは眠りを妨げる原因になることもあるのです。そのため眠りが浅くなることもあるのです。

 

また50代は会社でも責任ある立場となり、ストレスをためこんでしまうことも。それらが原因になって50代になって眠りが浅くなるということがあるのです。

 

 


セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク