クワンソウのサプリで睡眠の質を上げる

クワンソウ副作用と毒性

クワンソウの睡眠導入効果はオキシピナタニンという成分による働きということが出来ます。そしてこのオキシピナタニンという成分は海外の薬用植物、クワンソウに含まれる特殊なアミノ酸と言えます。この成分の安全性は試験により実証されていて、さらに自然な眠りを誘発する働きも認められています。不眠治療に使用されいるベンゾジアゼピン系の薬剤と比較し副作用、毒性が非常に低い成分と言うことが出来ます。

 

 

 

マウス、ラットなどにオキシピナタニンを投与する実験を行なった結果、睡眠誘発効果が実証された上に脳波の異常はないことが判明しました。研究結果によるとマウスが起きている時間が40分少なくなり、その分深い眠りであるノンレム睡眠が増えたというデーターが出ています。またこの効果は同じ睡眠改善成分のグリジンなんと100倍とも言われていて、睡眠改善効果だけではなく鎮静効果もあることが確認されました。

 

 

 

従来の睡眠薬は効果が高ければその分副作用や依存性が強いという傾向があったのですが、2010年〜2013年の期間に1000人以上の人にオキシピナタニンを服用するといった実験を行なった結果、副作用と依存性は確認されませんでした。つまり安全性が高く、副作用の心配もないということで現在では多くの睡眠サプリの有効成分として使用されている成分と言えます。

クワンソウサプリ

沖縄の伝統植物のクワンソウが配合されているサプリが出てきていますが、飲むと快適に睡眠を取れるようになると言われています。最近では睡眠不足になっていて体調を壊してしまう人も多いのでクワンソウサプリを飲んで睡眠の質を高めていく必要があります。

 

 

 

睡眠不足になっている人はストレスを溜めていたり考え事していたりするので精神的に不安定になっている事が多いです。しかしクワンソウサプリを飲むと自律神経を整えてくれるので精神的に安定してきます。それにより余計な事を考えなくなるので快適に睡眠が取れるようになります。睡眠不足になっている人はクワンソウサプリを飲んで睡眠の質を高めていくといいでしょう。

 

 

 

規則正しい時間に睡眠を取っていても夜中に目が覚めてしまうと睡眠不足になってしまいます。夜中に目が覚めてしまうのは睡眠の質が悪くなっている事が考えられます。睡眠の質が悪いと規則正しい時間に睡眠を取っても睡眠不足になるのでしっかり対策していく必要があります。夜中に目が覚める事が多い人もクワンソウサプリを飲むようにした方がいいでしょう。

 

 

 

クワンソウサプリは粒状になっているので手軽に飲む事が出来ます。毎日適量をしっかり飲んで睡眠不足を解消していくといいでしょう。

クワンソウゼリーわかんび(ソムノクエスト株式会社)

ソムノクエスト株式会社から販売されている沖縄クワンソウゼリーわかんびは安全性の高いヒプノカリスが配合されています。このわかんびのメイン原料であるクワンソウは以前より沖縄で食べられている野菜なので安心して摂取できるのが特長と言えます。その上生産地を沖縄県今帰仁村産に限定してトレーサビリティーを確立しています。さらにクワンソウより特殊製法で抽出して安全性、吸収力をアップした成分がヒプノカリスなのです。そんなヒプノカリスをたっぷり配合している商品です。

 

 

 

わかんびは薬ではないので副作用、耐性、依存性の心配をする必要がないと言えます。摂取すると自然と眠気を感じ深い眠りへと導かれるのが特徴と言えます。またヒプノカリスに完熟マンゴーピューレ、りんご果汁を贅沢に配合しているので美味しいゼリー仕様となっています。夜更かしが好きな子供や睡眠が浅くなっているお年寄りでもゼリーなら美味しく食べて効果が期待できるのが魅力と言えます。錠剤を飲むのが苦手な子供や寝る前に睡眠を取ると夜中のトイレの心配がある人でもゼリーならその問題をクリアできます。ちなみに気になるお値段は沖縄クワンソウゼリー7本入で定価が 2200円(税込2,376円)で販売されています。

クワンソウの効果効能有効成分

沖縄の伝統野菜クワンソウは、ニーブイグサとも呼ばれています。「ニーブイ」は「眠り」という意味の沖縄の方言です。沖縄では、クワンソウは安眠できる食材として、昔からよく食べられています。寝つきが悪い、眠りが浅い、寝ても疲れが残るなどといった睡眠に関する悩みの方におすすめの食材です。安眠に効果があることは、最近の研究でも解明されています。

 

琉球大学のグループは、マウスの餌にクワンソウの粉末を混ぜて食べさせ、食べていないマウスと比較するという実験を行いました。その結果クワンソウの粉末を食べたマウスの熟眠時間が1.5倍にも伸びていることがわかりました。

 

さらに、別のグループによる研究で、安眠をもたらす成分を抽出することができました。その成分とは、オキシピナタニンと呼ばれるアミノ酸の一種です。オキシピナタニンに安眠効能や鎮静効果があることがわかったのは、いつもは慌ただしく動き回っているマウスにオキシピナタニンを投与したところ、行動が4割程になったからです。クワンソウのさまざまな成分が影響したと考えられています。

 

さらに、オキシピナタニンは、リラックス効果があるグリシンという成分よりも安眠効果が100倍以上あることもわかりました。

 

クワンソウを食べることで、質の高い睡眠が得られれば、疲労も改善されるでしょう。熟眠することで細胞の代謝もきちんと行われ、肌荒れなども改善され、美肌効果も期待できます。ストレスも軽減されるので、自律神経のバランスにも効果が期待できます。 

クワンソウ食べ方レシピと味

沖縄の伝統野菜であるクワンソウは、茎のみならず、花やつぼみを食べることもできます。生のままで食べると、下痢症状を引き起こすこともあるので、どの部分を食べる場合にも、火を通して食べるのがポイントです。さっと湯通しすると、和え物やサラダなど幅広い料理に活用できます。

 

クワンソウのお浸しの材料は、クワンソウの茎、もやし、かつおぶし、だし汁、しょうゆ、みりんです。クワンソウは、茹でてから3cm程度の長さに切り揃えます。もやしも、食感が火が通る程度に湯通しします。ボウルにだし汁、しょうゆ、みりんを入れ、クワンソウともやしを和えます。小鉢に盛り付け、かつおぶしを振れば、完成です。お弁当のおかずとしてもおすすめです。より手軽に作りたい時は、めんつゆやポン酢で和えても美味しく仕上がります。

 

作り置きができる便利なメニューが、クワンソウのナムルです。茹でてから3cm長さに切ったクワンソウを和え衣と混ぜるだけで簡単に作れます。和え衣は、ごま油に白ごま、おろし生姜を加えて作ります。パンチの効いた味が好きな場合は、おろしにんにくを加えると良いでしょう。

 

クワンソウは、シャキシャキとした食感が特徴で、癖がなくて食べやすいので、野菜が苦手だという人にもぜひ味わってほしい食材です。

クワンソウ睡眠

クワンソウは、沖縄で食材としても親しまれてきたユリ科の多年草で、眠り草、やすみ草とも呼ばれています。クワンソウに含まれているオキシピナタニンという成分には、不眠解消に効果があることが科学的にも証明されていて、不眠に悩む人向けのサプリメントなどにも配合されています。オキシピナタニンを取り入れることによって、質の高いノンレム睡眠の時間を長くすることができます。鎮静効果が高く、服用するとリラックスした状態になり、ぐっすり眠れるようになるのです。

 

クワンソウのオキシピナタニンの働きを得るには、注射や手術といった方法ではなく、経口摂取することが必要です。食事で食べるのもおすすめですが、沖縄地方以外では手に入れるのがなかなか難しいため、手軽に購入しやすいサプリメントを服用するのが現実的でしょう。サプリメントは、一般的なドラッグストアでも取り扱っています。錠剤タイプのほか、ドリンクタイプで入眠前のドリンクとして取り入れられる商品もあります。ドリンクタイプのマインドガードDXには、1日の目安服用量の30ccにオキシピナタニンが1000mgも配合されていて、心地よい眠りへと導く効果が高い商品として注目されています。

クワンソウ茶の飲み方作り方

 インターネットショッピングサイトでクワンソウ茶をティーパックで販売しているのでそれを使うのもいいですが、育てたい場合は苗を購入して育て、クワンソウ畑があればクワンソウを刈り取りますが、根は捨てて葉を1枚ずつバラシて、葉と葉の間に詰まった砂を綺麗に洗い流し、それを包丁で刻んで蒸し器で蒸して、天日干しをして数日間乾燥させます。乾いてパリパリの状態になったら、すり鉢で粉末茶にしてからお湯に溶かして飲みます。

 

 一般的には粉末をお湯や水に溶かして飲みますが、牛乳やココアに混ぜて飲んでも美味しいし、コーヒーフィルターに入れて濾して飲んでも色が濃く出るので美味しく飲めます。クワンソウは成分に快眠効果があると言われるので、夕食時か就寝前にホットミルクに混ぜて飲むとホッとするし、とてもリラックスできてよく眠れます。クワンソウは沖縄で入手可能な植物なので、近場での入手が難しいですが、スーパーよりもインターネットサイトで購入するほうが主流となっています。粉末にしたクワンソウを調理に使うこともお勧めです。パンやお菓子作りにクワンソウの粉を入れたものも美味しいし、副作用の可能性がほぼ起こらないという点がクワンソウの魅力の一つです。

 

クワンソウガールと今帰仁クワンソウ畑

クワンソウは、明るいオレンジ色の花を咲かせるユリ科の植物です。沖縄では、食用としても古くから親しまれてきました。現在では、クワンソウ畑を一般開放する観光農園も登場し、クワンソウは沖縄観光の目玉のひとつともなっています。鎮静効果や入眠効果を持つクワンソウは、美容や健康面から高い評価を受けています。沖縄県内のクワンソウの直売所や土産物店では、クワンソウ茶やクワンソウの花酢漬などが販売されています。ストレス社会において、自然の力で健康改善を目指せるクワンソウは、ますます注目度が高まっていくことでしょう。

 

そんな魅力溢れるクワンソウの普及活動に貢献しているのが、クワンソウガールです。笑顔が素敵なクワンソウガール達がイベントに参加したり、クワンソウや試飲や試食を勧めたり、といった活動をしているのです。毎年数名が選ばれ、応募者のなかから、グランプリの眠り姫、準グランプリの花摘み娘が選出されます。沖縄県内のみならず、県外でも精力的に活動を行っています。

 

今帰仁村にあるクワンソウの観光農園では、花摘み体験を実施しています。沖縄ならではの珍しい体験ができるとあって、観光ついでに立ち寄る人々の姿が多数見受けられます。

クワンソウ茶と妊婦と赤ちゃん


妊娠中、よく眠れない日々が続くと体に負担がかかります。不眠になると妊娠している母体にも悪影響です。睡眠薬を少し飲んで眠りたいけれども、お腹の赤ちゃんに悪い影響があると思うと飲めません。また、心療内科へ行き不眠の相談をするほどではない。家で手軽に改善したい。そのような時にクワンソウ茶はおすすめです。

 

 

 

クワンソウは古くから沖縄で食されてきたハーブです。別名「眠り草」とも呼ばれ、不眠に効果を発揮する成分がふくまれていて、沈静作用や安眠効果があります。副作用もないので、妊娠中も安心して飲めます。お腹の赤ちゃんにも安心して飲めます。

 

 

 

妊娠中は情緒が不安定になりやすいです。妊娠によるホルモンの変化から、イライラしたり、出産に対して不安になることもあります。妊娠により体も日々変わっていきます。普段できていた家事が思うように進まなくなります。体が重くなるので、家事をするにも体力が必要です。充分な睡眠を取り、心身共にリラックスすることが必要です。クワンソウ茶はそれを助けます。クワンソウ茶を寝る前に飲むと、体がポカポカし自然な眠気が起こります。お腹の赤ちゃんのためにも、毎日よく眠れて翌朝は疲れがとれた生活を送ることは大切なことです。

 

クワンソウの販売先と通販購入方法

快適な睡眠をサポートしてくれるクワンソウは粉末茶やサプリメントとして販売されており、インターネット等でも購入が可能です。その販売先のうちの一つが沖縄県の「今帰仁ざまみファーム」です。こちらではクワンソウに関して多くの種類の商品が販売されています。クワンソウ酵素・クワンソウ生茶・クワンソウハーブティー、クワンソウジュレ、クワンソウピクルス、クワンソウ粉末、クワンソウ黒糖といったサプリメントタイプから料理に使用できる形状のものまで、お好みの商品を注文することができます。こちらでは電話・メールでの注文が可能です。また、クワンソウを配合したサプリメントを販売しているのが「株式会社クレイ沖縄」です。こちらでは「ぐっすりん」というサプリメントや、「癒しの花茶沖縄産クワンソウの花レモングラス入り」を開発・販売しており、公式ホームページで紹介されているメールアドレスから及び、電話・FAXから注文することができます。他にもクレイ沖縄の「沖縄伊江島のクワンソウエキス」は通販生活のみの販売で、通信販売カタログ雑誌である「通販生活」のカタログ冊子からの注文やカタログハウスのホームページから購入することができます。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク