ロングスリーパーは危険!寿命との関係

気になる睡眠時間と寿命の関係

 

長時間睡眠の人は寿命が短い、そういわれる昨今だが、実際にはどのような病気と症状があるのか調べてみた。
そしてそれに当てはまらない人もいるという朗報も。
ロングスリーパーは寿命に対してどれ程の危険があるのか、少し説明してみよう。

 

 

有名な薬剤師のある著書では、不安定な長い睡眠でガンになると述べられている。
これはレム睡眠とノンレム睡眠の関係性が関わっていると考えられる。

 

レム睡眠とは、眠りは浅いが体は休むこと。
筋肉はゆるんでいて、脳は起きている。

 

ノンレム睡眠とは、脳が休むこと。
このとき脳の温度が下がると言われている。
また成長ホルモンが分泌、細胞の再生もされる。
お肌のゴールデンタイムに当たる時間が記憶にあるだろう。

 

長い睡眠は大脳が老化する。その老化具合は何と7歳以上。
子供たちの成績も落ちるとの結果が出ている。
脳がゆっくりと記憶力や行動能力を低下させるアルツハイマー病にかかるリスクも2倍だそうだ。

 

長時間睡眠は三大成人病にかかるリスクや、うつ病のリスクもはらんでいる。

 

多くの人が体験するだろう長い眠りのあとの頭痛、これも長時間睡眠のリスクと言える。
そこから吐き気を催すこともある。

 

先に挙げた睡眠中の体温が下がるということからも、都市部の人は多く聞くだろう明け方の救急車のサイレンの音とも関係していることが分かる。
特に高齢者は気温が低く、目が覚めやすい明け方に病気が悪化する。
若い人でもぜん息を持っている人は、明け方の発作には要注意だ。

 

これらの病気をもって、ロングスリーパーは寿命が短いと言える。

 

 

とはいえ統計学的な視点から見て、ロングスリーパーが必ずしも寿命が短い訳ではない。
統計上に寝たきりの高齢者の数字も含まれるからだ。
覚醒しているのか、眠っているのか、はっきりと分からない寝たきりの高齢者は、統計上ではどんな計算をされているかは不明である。
超高齢化社会といわれる現代では、その数は相当なものだろう。

 

さらにもう一つ、わずかながら生まれつきのロングスリーパーという人もいる。
こういう人は無理に睡眠時間を減らしてしまうとかえって体調を崩してしまうおそれもあるので要注意。

 

自分に合った睡眠時間を、適度に取れると寿命も延びることだろう。
適度な睡眠、適度な運動、そしてバランスの取れた食事。
どれも大切にして健康に長生きしたいものである。

 

もしも長い期間ではなく、短期的に長時間睡眠の人がいたら、それはロングスリーパーではない可能性が高い。
精神的な病いの可能性もあるので、怖がらずに心療内科などに行ってみたらどうだろうか。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク