いびきと睡眠の質を歴史からひもとく

「いびきかいてたよ」と他人から教えられたことはないだろうか。
多くの人がいびきをかいて眠っている。
江戸の句をそえて、その対策について考えてみた。
単純な改善策から、最新の検査も試してみる。

 

 

「籾臼の 音聞きながら 我いびき 如風」

 

聞きなれない句だが、松尾芭蕉と親交のあった江戸時代前期に活躍した、寺の住職であり俳人の如風の詠んだものである。

 

なるほど江戸時代から民衆はいびきをかいていたのか。
しかも我いびきとなると、いびきを自覚している。
この句には悩みこそあらわされていないものの、働く者をしり目に居眠りをしている自分を示している。

 

 

いびきをかく人はなまけもの?

 

一見してサボっていびきをかいている如風だが、はたしていびきとは、なまけものだけがかくものなのだろうか。
自分のいびきで目がさめた人はいないだろうか。

 

太っている人に多い、あごの位置が後退している、などの原因が挙げられるので、いちがいになまけものだけがかくものではないということが分かる。
特にお酒を飲んだあとは要注意だ。

 

 

睡眠の質はどうなってる?

 

自分のいびきで目をさます人は、確実に睡眠の質は良くない。
何度も起きる、毎日繰り返しいびきをかくという人には、いびき外来をすすめたい。
なぜなら睡眠の質どころか、他の病気にかかっている可能性も高いからだ。
睡眠時無呼吸症候群など、特別な治療を必要とする場合もある。

 

 

睡眠の質を良くする、自宅でできる具体的な方法

 

1・枕の種類、高さなどを変えてみる
低反発、高反発など、さまざまな種類が展開される枕市場。
ひと昔前の訪問販売と違って、びっくりするような値段のものはない。
有名ブランドでもそこそこに値段をおさえた枕があるので、探してみよう。
なんだかわくわくする、あの買い物のあとの高揚感だけでも違うだろう。

 

2・横向きに寝る
筆者はここにきてこっそり睡眠時無呼吸症候群の検査をしてみた。
1日目だけ保険適用、2日目、3日目は無料の検査だった。
特に入院は必要ない。
小型のモニターを持ち帰って測定し、そのモニターを測定後に受付に持っていくだけの検査スタイルだった。
そのときに呼吸器専門の医師から言われた言葉は「横向きに寝るとそれだけで呼吸が楽になるよ」とのことだった。
元来からぜんそくとアレルギー性鼻炎をもつ筆者としては、横向きというひと言だけで目からウロコだった。

 

 

いびきはいいけど、それが病気なら注意!

 

江戸時代以前より、一定数の人々がいびきをかいている。
そんなに特別なことではない。
ただ単純に疲れたときにいびきをかくこともあるのだ。
検査ばかりが全てとは考えづらいし、金銭など現実面で難しい場合も多い。
しかし症状のある病気だった場合のリスクを考えたときに、家庭でできる対策のほかに、専門医の受診が望ましいと言える。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク