眠気覚まし5選!

これは効果的だ、と思った眠気覚ましを5つ挙げてみる。
どんな人にも最適とは限らないが、多くの人に効果の出るものを考えた。
これで大切な会議中やプレゼンテーション、授業中や試験にもバッチリだ。
ちょっと意外な歩きスマホの効果も?!

 

 

1・顔を洗う

 

できれば冷水が望ましいだろう。
冷え性の人はぬるま湯が良い。
朝いちばんに顔を洗うと目覚めが格段に良くなる。
女性であれば、メイクをするから仕事の最中や授業の合間に顔を洗うことには抵抗があるだろうが、美意識に関係のないところにいる諸氏にオススメしたい。

 

 

2・カフェインをとる

 

コーヒーブレイクなどといわれる、基本的な目覚まし方法のカフェイン摂取。
眠りながらコーヒーを飲んでいる人は見たことがない。
作用には15分以上かかるというが、コーヒーを飲んでいる間に眠ることもない。
またコーヒーだけでなく、紅茶や緑茶などカフェインを含む飲料はたくさんある。
コーヒーが苦手という人も、何かしらカフェインをとることが可能だ。

 

 

3・スマートフォンと一緒に散歩をする

 

お昼休みに少し会社から出て散歩というのも悪くない。
学生ならちょっと学内の図書室や購買に行ってみよう。
歩くということに意義がある。
それにプラスして、スマートフォンを操作する。
歩きスマホが嫌悪される世の中ではあるが、歩きながらスマートフォンを操作することによって、右脳と左脳が活性化されるという学術的な発表もされている。
場所をわきまえれば良い眠気覚ましになる。
くれぐれも禁止されている場所で操作をしないよう心がけたい。

 

 

4・食べる

 

少々荒っぽい意見にはなるが、物を食べることによって、アゴが動かされる。
アゴが動かされると、脳が動くのだ。
ひと昔前にガムをかむサッカー選手を見ては嫌悪感を抱いたものだが、集中力の活性化にも作用するのだ。
あの不快感の正体には、健康と集中力が関係していたのだ。
ただ道ばたに唾をはくのはやめておいた方が良い。

 

 

5・歯をみがく

 

朝に顔を洗うのと同時に歯をみがく習慣がついている人もいる。
朝は食後の歯みがきより、寝て起きたときの歯みがきの方が歯科衛生にも効果的である。
さらに夜、寝る前に歯をみがくと目がさめることはないだろうか。
これを応用して、眠たいときに歯みがきをすることが有用であるといえる。
また歯みがきには食欲を抑えるはたらきもある。
ダイエットにも有効なので、すぐにでも歯をみがきたいものだ。

 

 

以上の5選を最近の医療や健康を含めて提案する。
ひとくちに眠気覚ましといっても、さまざまな方法があることがお分かりいただけただろうか。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク