朝すっきり起きる方法10選

昔の人は「早起きは三文の得」と言った。
これは現代においてもとてもお得がいっぱいだ、ということに気づかされた。
以下の10選を星でランキング付けしたい。
中には実現不可能なものもあるが、効果の高いものを挙げる。

 

 

1、加熱タオル
知人に寝起きにすっきりする方法は?と聞いてみたら、なんとタオルに熱湯をかけて素手でしぼっていたという。
ヤケドするわ!と思わず突っ込んでしまった。
本人も、さすがにそれはまずいと試行錯誤の末、500Wの家庭用電子レンジで30秒ほど加熱するとちょうど良くなったらしい。
これを顔に乗せると眠気がすっきりするとのこと。
筆者もこの方法の便利グッズを昔、大手雑貨店で購入したことがある。
グニャっとした感触のゼリーのようなものを、電子レンジで加熱しても傷まない加工でほどこされたビニールで囲ってあり、温めたあとに専用のカバーをする。
入眠時にもとても効果的であった。

 

オススメ度☆☆☆★★(ヤケド注意)

 

 

2、モーニングコーヒー
筆者の朝の一番の楽しみはミル挽き珈琲である。
手で挽くとそれなりに雰囲気も味も出て、朝がすっきりする。
初期投資として約5000円、カフェの某有名チェーン店の高級豆にしても一番高い豆で一杯100円と、大変経済的な値段でもある。
味に関して失敗した、というのは慣れるまでと、好みに合わない豆を挽いたときの一回のみ。
初心者でも案外やりやすいものなのでおすすめしたい。
コーヒーが苦手なら、紅茶や緑茶にこだわってみてもいいだろう。
昨今もてはやされるノマドなど、喫茶店に直接行くのも運動にもなるし、カフェと朝とは切り離して考えられないものだ。

 

オススメ度☆☆☆☆★

 

 

3、誰かと同じ時間に起きる
早起きしたい人同士がお互いに起こし合うのもいい。
同居する家族は当然のことながら、誰かが起きて誰かを起こす、ということがあるだろう。
別々に暮らす恋人同士だって、昔からモーニングコールなどがあるくらい、いたってポピュラーな方法だ。
この方法はわりと、自然にできている場合が多い。

 

オススメ度☆☆★★★

 

 

4、鳴く動物に起こしてもらう
恋人がいなければ、友だちでいいじゃない!などとマリーアントワネットのごとく叫んでみたとしても、最近では友だちがいないことを利点にしたアニメもある。
じゃあ動物に「おなかすいた!」と起こしてもらうのも、またアリだ。
動物嫌い、アレルギー、住宅事情、いろいろ厳しい世の中なので、完全に推奨とはいえない。

 

オススメ度☆★★★★

 

 

5、朝風呂
温泉旅行に行ったときに、朝風呂をしてすっきりした経験はないだろうか。
逆に寝坊して朝風呂ができなくて、悔しかったことがある。
何も旅行に的をしぼらなくても、朝シャワーを浴びる習慣が一般的になっているところもある。
筆者は中学生の頃、朝からお風呂を使うと親に怒られるので、瞬間湯沸かし器で朝っぱらから髪を洗っていた。
お風呂に入ること自体は、健康面を考慮したら夜にした方がいいという医学的根拠もあるので、どちらともいえないおすすめ度になる。

 

オススメ度☆★★★★

 

 

6、大音量の目覚まし時計
これはすっきりというよりも、不快感の方が強い印象だ。
ものにもよるが、非常ベルのようなけたたましい音を出してくれる。
目覚まし時計の上のあのボタンを押しても、スヌーズされるだけ、という機能はすばらしいのだが。
近所迷惑やら考えてスルーしたいところだが、芸能人にも愛用者が多いのも魅力のひとつ。

 

オススメ度☆☆★★★

 

 

7、やりたいことは全部、朝!
世間では朝活がブームである。
婚活、終活など何にでも「活」とつければいいものではないと思うが、これはすごく有意義なことであると知った。
ゲーム、読書、スポーツ、散歩…挙げはじめたらキリがない。
要するに趣味を全部、朝にしてしまおう、というこの考え方。
話によるとビジネスマンは朝から合コンをしているという。
そこまでして婚活したいとは思えないが、今まで寝る前にやっていた趣味を朝に回すことによって、1日の行動が変わる。
それによって夜の寝つきも違うというのだから、これは強くおすすめしたい。

 

オススメ度☆☆☆☆☆

 

 

8、朝陽がきれいなことを知る
夕焼けがきれいなことは、誰もがうなずくことだろう。
でも朝焼けも同じかそれ以上にきれいなことに、我々は気づかないような気がする。
朝、起きたらとっくに日は昇っていて、もうこんな時間だから急がなければ、という焦燥感を根本からなくしてくれる。
普段より30分、1時間、人によっては何時間も早起きしなければいけないかもしれないが、一度朝焼けを見てみたら虜になることは間違いない。

 

オススメ度☆☆☆☆☆☆

 

 

9、早起きキャンペーンで時差通勤!
関東の一部の私鉄で早起きして時差通勤するとポイントがたまるキャンペーンがある。
主婦ならわりとポイントに目がないところがあるのは既存の通りだが、日本を支えるビジネスマンもポイントをためてみてはいかがだろうか。
残念ながらキャンペーンの路線は使わない人も、時差回数券という鉄道会社のサービスがある。
何せ日本の満員電車にストレスを感じない人などいないに等しい。
時差通勤を一度体験してみたら、その快適さは筆舌に尽くせないものになる。

 

オススメ度☆☆☆☆★

 

 

10、目覚まし時計を使わない
大音量の目覚まし時計の間逆になる行為だが、人間には「起きたい!」と思った時間ぴったり、もしくはそれより前になぜか起きている、という現象がある。
筆者は目覚まし時計があっても使わないばかりか、スマホのアラームよりも前に起きていることが多い。
無論、朝のゲームのログインボーナスが楽しみなだけなのだが…。
目覚まし時計を使わない生活で不便したことは、今のところない。
約束ごとだって、遅刻のチャイムだって、絶対に起きている時間となれば、自ずと結果は見える。

 

オススメ度☆★★★★(自己責任です)

 

 

以上の10選だが、朝がとにかく苦手!から朝型人間になるには、好きなことは朝、お得なことは朝にある!と考えたら克服できるだろう。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク