トリプトファンはセロトニン不足やうつに効く?

トリプトファンの副作用は気にするほどではない

トリプトファン

トリプトファンを含む必須アミノ酸はサプリメントからも摂ることができるが、食品から多く摂ることもできる。
トリプトファンはうつ病やその他の病気に効果があるとされる。サプリメントの依存症も、食品の依存症も、安全性において大差はないだろう。

 

摂り過ぎがダメなのはなんでも同じ

トリプトファンとは、人間が生きていくために必要なアミノ酸、必須アミノ酸の中の成分である。
そういえばスポーツを激しくしていた頃、意味も分からずにただプロテインやアミノ酸を摂取していたことがある。
大筋で理解していることは、筋肉を鍛えて代謝を良くする。こんなところだろうか。

 

過剰に摂取すると肝臓に負担がかかる、と文献ではいわれるが、販売元のHPを見ると、食品なので制限はありません(大意)と書かれている。
健康な人が摂ることには制限がない、だそうだ。日本アンチドーピング機構が可としている食品である。

 

すなわち、アミノ酸やその他のサプリメントは、過度に飲むことなく必要に応じて飲めばいいということになる。その場合、定期の健康診断や血液検査をすることがベストである。

 

サッカーでお疲れ
折しも週明けに年がいもなくサッカーをしてきて、極端に疲労しているところだ。
肝臓の数値には自信があるし、余っているアミノ酸を飲んでみよう。
効く感じは…特にない。
当たり前だった。アミノ酸が体内で合成される時間は5〜6時間。即効性があるはずがない。

 

トリプトファンの効果

話は大きくずれてしまったが、必須アミノ酸の中のトリプトファンの成分は、体内において概日リズムに関連のあるセロトニン、メラトニンに代謝される。
適量の摂取は不眠症、概日リズムの基本である時差ボケ、うつ病などに効果があるとされる。

 

トリプトファンの摂取方法

サプリメントに頼らなくても無論、問題はない。普段の食生活から十分に摂取することが可能だ。トリプトファンの量はたんぱく質の量である、といえるが例外もある。
もちろん肉や魚や大豆や乳製品にはたくさんのトリプトファンは含まれているが、ゴマやヒマワリの種やチョコレートにも含まれているようだ。

 

幼少期にヒマワリの種がものめずらしくて、食べ過ぎて顔中が吹き出ものだらけになったことがある。
チョコレートに至っては、ごく最近までチョコレートなしでは生きられない、チョコレート依存症だった。

 

この例からして、薬品やサプリメントから過剰摂取すると危険なもの、食品から過剰摂取すると危険なものは、ほとんど同等なのではないかという気すらしてくる。

 

明日の元気の源になるのなら、トリプトファンを含むサプリメントだってチョコレートだって、適度に摂ればいいという結論になる。

 

 

薬以外でセロトニンを増やす

睡眠に関する薬は依存性が高いのが悩ましい。薬をやめようとすると離脱症状と呼ばれる体の反応が出てくる。息苦しくなったり心臓が押しつぶされそうに感じる。そのため薬のやめ方がすごく難しい。

 

できることなら天然成分だけで睡眠をよくする栄養素を補給することをおすすめしたい。セロトニンを始めとした休息成分を効率よく取得できるマインドガードDXは試してみる価値はあるだろう。
>>>マインドガードDX公式サイトはこちら

 


セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク