あなたを襲う過眠症の原因とは?!

ひとくちに過眠症といえどもさまざまな種類の過眠がある。
ここに挙げる日中に眠くなる原因をひとつの目安にとして、あてはまる人には医師の診断を受けることをおすすめしたい。
そして一番大切なことは、自分自身の生活習慣を見直すこと、これを大事にしてほしい。

 

 

睡眠の質が不足している場合
→睡眠時無呼吸障害
→周期性四肢運動障害
→感情障害、統合失調症
→てんかん
→認知症
→身体疾患、器質性疾患

 

睡眠の量が不足している場合
→睡眠不足
→不眠症
(このふたつの場合、睡眠不足後の過眠、不眠症後の過眠を指す)

 

中枢性過眠症
→ナルコレプシー
→突発性過眠症
→反復性過眠症
→薬物

 

睡眠覚醒リズムの問題
→昼夜逆転(夜勤を含む)
→睡眠相後退症候群
→時差ボケ
→概日リズム障害
→覚醒障害

 

 

概ねこれだけでも結構な数なのに、他にも挙げられる原因があった。
うつ病、冬季うつ病、むずむず脚症候群、日光不足、セロトニン不足、運動不足など。

 

 

学校や職場にいつも寝不足だと言っている人はいないだろうか。
思春期に発症する主な過眠は、成人してから良くなると考えても構わないし、クリニックや精神科に行っても正しい診断を下さない場合が多い(だからといって放置するのではなく、つらければ病院へ)。
電車の中で立っていてもガクンとなるあの症状は過眠症だったのだ。
会議中に眠っているあの人もそうだ。

 

放置すると思わぬ病気の落とし穴があり、死を招くこともある過眠症。
睡眠時無呼吸症候群なら夜間の眠っている間に命を落とし、ナルコレプシーなら昼間の運転中に死亡事故を招く。

 

正しい原因を把握するために病院を受診するのもしかり、生活習慣を治すことも重要といえる。

 

 

そもそも過眠症とは、なぜ罹ってしまうのか。
それはまだ科学では未解明な部分が多い。

 

対症療法的な治療で一生薬を飲まなければいけない症状も数多くあるが、いつの間にか寛解(かんかい/Remission,この先ずっとであるか、一時であるかは分からないが、病気の症状が良くなる、またはほぼ無くなり、臨床的にコントロールできる状態のこと)や治癒していることもある。

 

 

寛解とはいえど安心してはならない。
医学には再燃(さいねん/Recrudescense)
いう言葉がある。
再燃とは、一度治った症状が再び出てきて悪さをすること。

 

いずれにせよ普段から、日光を浴びて、きちんとした時間を決めて寝て起き、食事もちゃんととる。
これが過眠症に対する自己防衛対策といえる。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク