自分だけじゃない

 

死別、離別、はたまた仕事のストレス。先の震災のストレス。
人は気付いていたり、気付かなかったりするうちに心の中に大小さまざまな不安や悩みごとを抱えている。
そんな原因の数々と幾ばくかの対処法を、実際に見たもの聞いたものからも挙げてみよう。

 

 

気付かない仕事のプレッシャーは、知らず知らずのうちに身体をむしばんでいる。
会議で新しい案を出さなければいけない、昇進に関わる重大なことがある、営業などにおける日々のノルマなど…。
都心部に住む人たちにとって、毎日の満員電車だってストレスの原因である。
これに関しては転職という選択肢も、安易な提案過ぎて失笑されるだろう。

 

 

大好きな恋人と別れてしまった。
単純なことかもしれない。一晩眠れば忘れる恋だってある。
はたまた一カ月もろくに眠れずに、ご飯も食べられない、仕事すら出来なくなる人だっている。
恋愛とは得てしてそういうものなのだ。
大丈夫、この問題なら時間が解決してくれる。

 

 

離婚によるストレスで、旦那が置いていったお金を、全て衝動買いに使った元主婦もいる。
先々の家電製品や日用品その他、ムダになったものも多い。
一方、元旦那の方は、同じ離婚によるストレスから、うつ病を発症。
離婚から何年もたった今でも、自殺願望に取りつかれている。
元主婦の方はこれまた時間的な解決で済んだが、元旦那の方はきちんと治療するべきだ。

 

 

先の未曽有の震災では、PTSD、心的外傷後ストレス障害、いわゆるトラウマを経験された方も多かろう。
実際の震災PTSDを目にした主観として、大丈夫なのだろうかこの人は、と感じた。
深夜にふと上半身だけ起き上がる。
大丈夫かと話しかけるも、覚醒はしていない。
何かをつぶやいて、しばらくするとまたぱたりと横になり、眠ってしまう。
この事象については数カ月たったらありえない程に回復し、今の当人は深夜に起き上がることはなくなった。

 

PTSDにはその他、虐待なども原因として挙げられる。
児童虐待、性的虐待など、まだ医学でも先行きに期待したい分野である。
知人にDVのエキスパートがいるが、暴力を受けた人を受け入れる施設を作っている。
蛇足になるが、DVのシェルターというものは、それぞれの地域にあるので、検索してみると良い。
問題はまだ法の施行から日が浅い、精神障害者の虐待防止の法律だ。
家の中に眠らされている不安や不眠の原因の解決は、まだまだ難しいと感じる。

 

 

以上のように、人間は小さなものから大きな問題まで、生きていくには不安や心配ごとや悩みごとに対して眠れないという事象がたくさんある。

 

精神科に通うような症状よりも満員電車の愚痴なんてちっぽけだと思うけれども、それをすごくストレスに感じる人だっている。
なぜなら人は経験したことのない大きなストレスを、肌身に感じることが出来ないからだ。

 

震災の津波や避難のことだって、映像を見て知った人々にとって、悲しきかな画面の向こうの世界なのである。
被災地に行けば爪痕は見られるが、そのときの被災者の気持ちは到底分かりっこない。

 

一日二日眠れないくらいなら、まだどうってことはないと現役の看護師さんから聞いた。
環境を整えることのできない長期の不安や不眠は、自分でストレス耐性を作る選択肢の他に、市販薬や病院にかかって精神安定剤や睡眠薬を飲むことも必要なことである。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク