最近では、多くの方が睡眠障害に悩んでいます。特に40代に入ると深い眠りを取りにくくなり、50代に入ると自覚症状が現れます。さらに60代入るととても多くの方が睡眠に関する悩みを抱えています。中でも特に多いのが、早朝覚醒です。早朝覚醒は、予定していたよりも2時間以上早く目が覚めてしまい、再度睡眠に入ることが難しい症状です。

 

60代で早朝覚醒が増える理由は睡眠サイクルの乱れ
そして60代で早朝覚醒が増えるのは、次のような理由のためです。
一つ目は、加齢に伴う睡眠のリズムの乱れです。通常10代、20代であれば布団に入るとすぐに眠りに入ります。そして10分程度で最も深い眠りのレベルに達します。しかし60代になるとこのレベルに達することができず、その影響で浅い眠りが多くなります。若いときは保たれていた通常の睡眠サイクルが乱れてしまいます。

 

一般的にサーカディアン・リズム(体内時計)は、24時間10分なのですが、この周期が短くなると睡眠時間も短くなります。睡眠だけではなく、血圧、体温、ホルモン分泌など睡眠に関わる全ての生体機能のバイオリズムが変調しやすくなります。これらは全て睡眠サイクルを短くし、睡眠中に目覚めてしまいやすい状況を作ります。

 

必要な睡眠時間の減少
二つ目は、60代になると若い頃のように脳の休息、体の急速に必要な睡眠時間が短くなることです。高齢になると日中の活動量が減り、自然に睡眠量が少なくなります。若いころスポーツをした日は、ぐっすり眠れたのはこのためです。短い睡眠時間でも目が覚めやすくなるのはこのためです。

 

メラトニンの減少
三つ目は、睡眠を促すメラトニンの減少です。メラトニンは高齢になると、次第に分泌量が減少します。このことにより、睡眠が浅くなり目覚めやすくなります。

 

60代で増える睡眠障害に繋がる症状
四つ目は、睡眠障害に繋がるような疾患や症状です。例えば、特に中年期以降に増える症状として、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、周期性四肢運動障害などがあります。これらは睡眠を妨げたり、睡眠を浅くする症状です。特に睡眠時無呼吸症候群は、60歳以上の高齢者では2〜3割の人がかかっているとも言われていて、特に男性に多い症状です。睡眠が浅くなると、どうしても朝早く目覚めやすくなります。

 

早期覚醒の対策
このような早朝覚醒の対策としてできることはいくつかあります。
サーカディアン・リズム(体内時計)を整えるために日中はなるべく日光を浴び、屋外に出るようにしましょう。軽い運動で体を使ったり、日中の活動量を増やしましょう。昼間の睡眠(昼寝)は、最小限にして夜よく眠れる環境を作りましょう。そして寝る前にカフェインやアルコールなどを控え、なるべく睡眠を妨げない状況で布団に入るようにしましょう!

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク