夜にベッドに入り、目を閉じてもなかなか眠ることができない、1時間が経過しても眠れないなどの症状が見られたら、それは入眠障害かもしれません。入眠障害とは、不眠症の一つで、1日にだけ、そのような症状が現れても問題はありませんが、毎日、2週間以上続いているなら、大変です。

 

 

 

40代の入眠障害の症状とはどういったものなのでしょうか。原因と対策を調べてみました。

 

 

 

○レム睡眠とノンレム睡眠のリズム

 

 

 

ゆっくりと寝たはずでも、起きた時にすっきりしない、なぜか疲れが取れないと悩んでしまうこともありますよね。その原因は、睡眠の質が悪いためです。いくら眠っていても、質の高い睡眠ができていなければ、体が休まることはありません。

 

 

 

睡眠には、体を休めても、脳が起きているレム睡眠と脳をゆっくりと休めるノンレム睡眠があります。このレム睡眠とノンレム睡眠の2つのリズムが繰り返し行われることが大事なのです。

 

 

 

○朝にすっきりしない原因とは

 

 

 

しかし、リズムが狂ってしまい、朝にすっきりしないということもあります。夜寝る前に、つい疲れからアルコールを飲んでしまったり、光を付けたまま眠ってしまったりした経験はないでしょうか。

 

 

 

40代の疲れは、仕事や育児、家事に追われてしまい、自分のことに手が回らなくなってしまうことも多くあります。会社での付き合いや忙しい家事で、ふと、着の身着のままで眠ってしまうこともあるでしょう。そんなことを繰り返すことで、体が休まらず、入眠障害になってしまうのです。

 

 

 

また、ストレスで布団の中でも、頭の中で物事を深く考えていると、深い睡眠にたどり着けないこともあります。

 

 

 

○深い眠りにつくための対策

 

 

 

ゆっくりと深い眠りにつくためには、寝る前の行動がとても大切です。

 

 

 

まず、夕食は寝る3時間前には済ませたい所です。しかし、仕事で忙しくて、眠る前しか食事の時間も取れないという場合には、軽めの夕食で済ますようにしましょう。お腹が満腹になると、内臓も休めないまま睡眠時間へ進んでしまいます。

 

 

 

また、お風呂に入るのは寝る2時間前には済ませるようにしましょう。湯船に浸かり、何時間も過ごすと返って、疲れが出てしまいます。体が温まる程度に30分程度の入浴時間にしましょう。

 

 

 

眠る直前のスマホやパソコンも避けましょう。目に残る残像や光が、入眠の妨げとなります。

 

 

 

 

 

40代の睡眠には、生活習慣が大きく関わってきます。しかし、対策を取ることで、疲れを解消して、朝にすっきりと目覚めることもできますよ。

セロトニンを増やす薬

眠りに重要な脳内物質セロトニン!セロトニンを増やすことが眠りをよくすることはわかっています。
薬で無理やり増やすとどうなのか副作用はないかなど徹底解説しています。


薬の依存性や副作用がつらいなら

マインドガードDX
夜なかなか眠れない
朝起きるのがつらい

そんなあなたには天然休息成分の配合量がダントツに多いマインドガードDXがおすすめです。

配合量と吸収率で最高のサプリメント。ドリンクタイプなため体内への吸収率がタブレット型の2.5倍!実質2.5倍の成分量とも言えます!カプセルや錠剤が苦手な方にも人気です。
ISO9001を取得した国内工場で製造されているので体にも安心安全。睡眠薬と違い依存性もありません。

天然ノニ、クワンソウ、グリシン、GABAなど多種多様な休息成分

1日当たりクワンソウ1000mgは業界最高レベルの配合量

原材料は天然育ちにこだわり安心安全

吸収率を究極まで高めたドリンクタイプ

マインドガードDXの公式サイトはコチラバナー
毎日をすやすや生活にする
マインドガード


スポンサーリンク